ワンルーム投資や不動産投資信託を始めよう|メリットも比較

入居を手助けする制度

男の人

家賃債務保証は賃貸住宅に入居する際に、賃貸責務などを保証する連帯保証人に準ずる役割を担う事で、入居をサポートする事です。一般的に収入が安定しない高齢者世帯や障碍者世帯、外国人世帯を対象とした制度と言えます。家賃債務保証は専門の会社が行っています。オーナーにとっては家賃滞納のリスクを軽減し、該当世帯を入居させ易くするメリットがあります。また入居する側も保証人を探す手間を省く事ができます。家賃債務保証を利用している入居者が家賃を滞納してしまった場合、家賃債務保証を請け負う会社が一定の範囲内で滞納した家賃を支払います。家賃債務保証はオーナーや管理会社にとって滞納した家賃の回収業務を代行してくれる会社とも解釈できます。

家賃債務保証は地方自治体が執り行っている「賃貸住宅施策に協力する」という一面を持っています。住み替え時の無用な混乱やストレスを回避し、スムーズに契約できる事を主な目的としています。家賃債務保証を執り行っている会社や組織・財団は様々であり、中には六十歳以上の高齢者に対象を絞った家賃債務保証を支援する財団もあります。連帯保証人は一般的に肉親や親族が引き受けてくれるものですが、近年は家族間の関係が希薄になり、頼みづらくなっているようです。外国人世帯に限って言えば後ろ盾がない為に契約が纏まらずに難航する話は珍しい事ではありません。但し、家賃債務保証はあくまで賃貸義務を保証する連帯保証人の役割なので、家賃滞納が続く場合は、強制退去させられる事もあります。