ワンルーム投資や不動産投資信託を始めよう|メリットも比較

入居を手助けする制度

男の人

家賃債務保証は賃貸責務などを保証する連帯保証人に準ずる役割を担う事で、収入が安定しない高齢者世帯や障碍者世帯、外国人世帯の入居をサポートする事です。オーナーにとっては家賃滞納のリスクを軽減する事で、該当世帯を入居させ易くすることができます。

投資で大儲けしよう

積み木

投資初心者でみんなで大家さんに興味があるなら、まずセミナーに参加するといいでしょう。物件の資産運用は自分で買う場合はリスクが高くなりますが、みんなで大家さんなら一口100万円から少額の投資ができるので安全です。

ワンルーム投資のメリット

女性

一室ずつ増やせる投資法

不動産投資にはマンション一棟投資とワンルーム投資の方法があります。投資の資金が少ない場合は投資用ワンルームマンションの一室を購入して賃貸用に貸し出す方法が適しています。ワンルーム投資のメリットは一室だけなので、管理の費用がかからないことです。一棟投資では管理会社に委託することになるので、管理費用が必要になります。ただしワンルーム投資を行う場合は、経営が順調な時に投資用ワンルームマンションで二部屋三部屋と少しずつ増やしていくことが大事です。なぜなら一室だけだと空室になった場合に家賃収入がゼロになってしまうからです。部屋数が増えれば、もし空室が出ても他の部屋の家賃収入でカバーができます。またワンルーム投資の場合は銀行の融資が比較的ゆるくなるメリットもあります。また、環境ステーションに依頼をする方法を取れば運用をうまく手助けしてくれるので選択肢に入れておくといいでしょう。ほかにも注目されているのが、不動産投資信託です。不動産投資信託とは、投資家から集めた資金でマンションやビルなどを購入し、そちらの賃貸で得た収入や売却して得た収益を証券会社から投資家に還元するというものです。どちらもそれぞれのメリットやリスクがあるので、それを考慮したうえで始めてみましょう。

サラリーマンの副業に最適

ワンルーム投資のために物件を探す場合、一般のマンションと投資用ワンルームマンションが対象になります。一般のマンションは色々な間取りの部屋があります。単身者用やファミリー用などの部屋が混在しています。投資用ワンルームマンションは全てが同じワンルームになっています。投資用ワンルームマンションの物件を探す場合、他の部屋の空室率を調べることが大事です。空室が多いマンションは何らかの理由があると考えるべきです。しかし、環境ステーションでもオススメするようなほとんど入居者で埋まっている投資用ワンルームマンションなら安心して購入できます。一般のマンションで投資ワンルームを選ぶ場合、何階にあって日当たりが良いかどうかチェックします。ファミリー用の部屋を優遇しているマンションがあるからです。ワンルーム投資ならサラリーマンやOLでも可能なので、副業には適しています。

長期不在時の活用には

マンション

理由を問わずリロケーションは、期間限定で家を貸したい人と借りたい人を結び付けてくれるサービスです。転勤や海外赴任が多くなっていますが、親の介護や旅行などで長期間家を空ける場合にも活用することができます。家賃収入が入るため、ローンが残っている家であっても負担なく引越しが可能になります。